神流湖の周辺で最も危険な心霊スポット? 琴平橋の怪異にせまる!

神流湖にかかる琴平橋近くのベンチ

群馬県と埼玉県の境にある神流湖(かんなこ)には、ダム、トンネル、慰霊碑、橋など、いくつもの心霊スポットが存在しています

もともと水辺には霊が集まると言われていますが、この神流湖にはダムの底に300世帯以上の家が沈められてしまったダムを造る時に多くの人が亡くなり、慰霊碑を建てなければいけなくなったとか、「そりゃ霊もいるだろう」と言う話がたくさんあるんですよ

全てのスポットについて書くと長くなりすぎるので、今回は自殺が多発しているという橋に焦点を当ててみようと思います

神流湖にかかる琴平橋2

この橋は琴平橋と呼ばれることが多いようですが、本当は金比羅橋というらしいですね

なぜ違う名前で呼ばれているのかは分かりません

そして、この橋から飛び降りて亡くなった方の、正確な人数も分かりません

ただ、その数が多すぎるため、自殺防止のネットがはられたり、あちこちに花や線香が供えられたりしているようです

また、ここは殺人事件の現場になったり、死体遺棄の現場にされることがありました

有名なものでは、男女のカップルがここから投げ落とされ、女性の遺体がまだ発見されていないというもの

神流湖にかかる琴平橋3

これ以外にも、別の場所で殺された人がこの橋から棄てられるという事件は何度もあったようです

そのためか、心霊現象としては自殺者の霊が見えるというもの以外に、女性の声が聞こえたり、足をつかまれることもあると言われています

さて、これだけ多くの方の死が関わっているとなると、心霊現象が日常的に起きていてもおかしくないですね

心霊科学調査隊の出番のようです!

怪談狩り 禍々しい家 (角川ホラー文庫)

心霊科学調査隊 活動記録

この日我々は、湖のダムやトンネルを先に調査していたので、橋に着いたのは深夜になってからでした

サイキックも言っていましたが、この橋は先ほどまで調査していたダム等から比べると、いっそう空気が重い気がします

要は一番心霊現象が起きそうな雰囲気があるんですね

もともとデンジャーにもサイキックにも霊感は無いんですが、それでもただならぬ空気を感じるくらいに強いスポットということでしょうか

これはかなり高い確率で心霊現象に出会えそうだなと期待して行きました

橋途中で、自殺防止用のネットの間から下をのぞいてみましょう

神流湖にかかる琴平橋5

断崖絶壁ですね

深夜で周りにあまり明かりが無く、手持ちのライトを下に向けても、その光は全てのまれてしまいます

ちょっとやそっとの高さではないようです

では橋の向こうまで渡って行きましょう

サイキックと一緒に顔認識の出るカメラで歩いて行きます

神流湖にかかる琴平橋の探索1

橋の途中、顔認識がチラチラ出ることはありますが、霊の姿がババンと出て来るということはありませんでした

さて、どうやって心霊現象を引き起こそうか…

いつも隊長にやってもらってる定点ミッションを自分たちでやってみようか、などと打ち合わせをしながら橋の反対側まで来ると…そこには絵がいくつも飾ってありました

神流湖にかかる琴平橋の子供たちの絵2

小学生か中学生くらいの子どもが描いたと思われる、楽しそうな絵です

勝手な予想ですがこの絵、自殺しようと思ってきた人に、少しでも思い止まって欲しいという願いが込められてるんじゃないかな

そう思って見ると、何か物悲しさを感じます

絵の反対側にはベンチがあり、天気の良い昼間に来るとちょっとしたピクニックができそうな場所になってます

神流湖にかかる琴平橋にあったベンチ

しかし今はみんなが寝静まってる深夜

もちろん誰もいませんし、いたら心霊現象確定という雰囲気です

橋の両端には街灯が備え付けられてるのですが、このベンチ周辺にその光が中途半端に届くせいで、真っ暗とは違った「見えてしまう怖さ」みたいなのがありますね

さて、ここで二手に分かれて行動することにしました

一方は橋を往復しながら撮影、もう一方は赤外線カメラで暗闇にした状態でさらに先へ進む

ではどちらをやろうか…と相談していたら、サイキックが突然橋にあるコーヒーの空き缶に気がつきました

神流湖にかかる琴平橋にあった空き缶

「これ、さっきあったっけ?」

我々はたった今、この橋を渡って来ました

街灯はありますし、ライトも持って歩いています

こんな缶があったら、最初に気がつきそうなものですが…

「うちらがここに来てから、誰も通ってないよね?」

何も無い所に、突然コーヒーの空き缶が現れたようにしか思えませんでした

霊がお供えされたコーヒーを飲み干し、調査に来た我々に警告するために橋の通り道に置いたのか…

もしかしたら今、すごく危険な状態なのでは?

そこで、最初この橋を渡って来た時に撮影した映像を確認してみることにしました

顔認識の話をしながら歩いたり、橋の造りを見たりしています

そして橋を渡り切ろうとした時…

神流湖にかかる琴平橋にあった空き缶の確認

缶は最初からありました

我々はすぐ先に飾ってある絵に方に向かってしまったので気が付かなかっただけです!

よかった、大したことじゃなくて

一生缶コーヒー飲めなくなるところでした

さて、結局大したことじゃないのに大騒ぎをして時間をムダにしてしまいました

サイキックには橋を往復しながら撮影してもらい、デンジャーは少し先に進んで赤外線カメラを使った暗闇ミッションに取り掛かりたいと思います

 

■ミッション1:
サイキックによる橋の調査

サイキックがカメラを持って歩いていると、やはり所々に顔認識が出ると言います

神流湖にかかる琴平橋の探索3

それが一瞬出て消えるというのを繰り返すらしく、自殺者の霊がこちらに顔を見せ、そのまますぐに落ちて消えるように感じるそうです

もしそんな落ちて行く霊が映せたら大スクープなのですが、残念ながら顔認識だけでした

しかし、線香が置いてあったり、お菓子が供えてあったりするのを発見し、ここで亡くなった方がたくさんいるんだなと実感していたようです

神流湖にかかる琴平橋の探索6

そして合流地点に戻って来る途中に、こんなことを言っていました

「視線を動かしたりする時、視界の端っこに一瞬、白い女性のようなものが見える」

…サイキックもとうとう霊感がついたということなのでしょうか?

残念ながら、その女性とおぼしきものも撮影は出来ませんでした

しかし、ここは霊感が無い人でも何かを感じてしまうくらい、すごく強い心霊スポットということなのでしょうか…

 

■ミッション2:
デンジャーの暗闇散歩

さて、先へと進んだデンジャーですが、ずっと進んだ所で道路工事をしている光を発見

あまり橋から離れてしまっても心霊現象が起きにくくなると思い、遠くへは行かずに暗い状態でじっくり観察をしてみることにしました

道の片側はすぐ下に湖となっていて、ほぼ真下に向かって落ちるような崖ですね

神流湖にかかる琴平橋における暗闇ミッション2

白いガードレールが二重になってる所もあり、少しでも危険を防ごうとしているのが、この心霊スポットの危なさを物語っているかのようでした

もう一方は、壁と言ってもいいくらいの山

神流湖にかかる琴平橋での暗闇ミッション1

 

上からの落石を防ぐために、金網が張ってあるような場所です

民家もほとんど無く、さびしい所ですね

確かに、人知れず死体を棄てるには、条件が揃っているようです

ただ橋には街灯があるので、ライトを消しても肉眼で足元確認くらいはできるようになってます

うす暗い中、周囲を撮影しながら歩いていると、先ほどのベンチまで帰って来ました

神流湖にかかる琴平橋近くのベンチ

もうここまで戻ってしまうと橋は目の前ですから、自分の影ができるくらいには明るいですね

何度も湖を撮りながら、ゆっくり合流地点に向かいます

橋まで戻り、そこから下をのぞいてみました

やはり高低差が大きくて、何も見えません

自殺防止ネットも邪魔して、イマイチいい映像になりません

ちょっと移動してみても、やはり同じ

下を見るのをあきらめて、欄干から離れた時

カラカラーン

神流湖にかかる琴平橋に置いてあった空き缶を蹴った

コーヒーの空き缶を蹴ってしまった!

一応霊的なものではないという結論にはなっていたのですが、やはりこれを動かすのは気持ちが悪い

なるべく触らないようにしてたのに…

この缶がもし霊的なものだったら、メッセージに気が付けなくてゴメンナサイ

逆に誰かが置いていった物だとしたら、ゴミはちゃんと持って帰ってくれ!

 

そして帰路へ

とりあえず合流地点でサイキックと合流し、もう一度橋を渡る

最初にこの橋に着いた時は、張り詰めた空気のようなものを感じた気がしました

しかし我々には、はっきりとした心霊現象は見られませんでした

何度も振り返りながら歩いているのですが、橋の向こうから霊が走って追いかけて来る事も無く…

と、思っていた時

ズウウウウゥゥゥゥンン

というような重い空気の揺れを感じました

音として耳で聞く感じではなく、身体に直接空気の振動が伝わってくる感覚です

「今の何の音?」

と、すぐ隣にいたサイキックに聞いたのですが

「え? 音なんかしなかったよ」

デンジャーも耳で聞いたという音ではないので、上手に表現が出来なかったのですが、確かに空気のゆれを感じたんですよね

気のせいってことも無いと思うんですよ

普段道を歩いていて「今、空気ゆれた気しない?」って聞く人、周りにいます?

デンジャーも初めて感じた感覚だったので、これが何なのか、そして何をすべきなのかわかりません

どうしようもないのでそのまま帰りましたが、その後身体に大きな異変はありませんでした

 

さて、ここまでが当日、我々が行った調査についてです

後日、この橋で撮影した映像を確認していた時、すごく心霊現象っぽいものを撮ったことに気が付きました

内容はデンジャー1人ミッション中、ベンチがある橋のすぐ脇での撮影中

橋に背中を向けている時です

神流湖にかかる琴平橋で撮影した謎の影

橋に備え付けてある街灯の光が、デンジャーのすぐ目の前の植物にも当たっていたんですが、その光をさえぎる影が右上から左下に落ちていきました

左下にあるものといえば湖ですが…

分かるとは思いますが、深夜、サイキックは橋の向こう側に歩いて行っていない

他に通行人もおらず、デンジャー1人

虫の影にしては大きすぎる

周囲に落ちていくものは何も無い…

そしてここは、湖に飛び込む自殺者が後を絶たないという心霊スポット…

さて、この影の正体はいったい何なのでしょう?

 

まだ動画を見たことが無いという方は、ぜひ一度ご覧下さい!

影の謎が分かった方はコメントをいただけるとうれしいです

とりあえず霊か、霊じゃないかだけでも知りたい!

よろしくお願いします!

現世怪談 開かずの壺

 

データベース

神流湖 琴平橋(金比羅橋)

370-1404  群馬県藤岡市坂原 十石峠街道

  • 行きやすさ ☆☆☆
  • 心霊的怖さ ☆☆☆☆
  • 身体的怖さ ☆☆☆

事件、事故、心霊現象など

飛び降り自殺があまりにも多く、橋全体に自殺防止ネットが張られるようになるほど

所々に線香お菓子などが供えられていて、亡くなった方の多さを物語っている

自殺以外にも、殺人事件や死体遺棄事件などの現場になることが何度もあった

男女のカップルがここから投げ落とされ、この時の女性の遺体がまだ見つかっていないという話もある

自殺者の霊が見られるという他、女性の声が聞こえたり、足をつかまれることもあると言われている

九十九怪談 第十夜 (角川書店単行本)

「神流湖の周辺で最も危険な心霊スポット? 琴平橋の怪異にせまる!」への2件のフィードバック

  1. 橋の正面に男の顏みたいな感じがずっと映っていますよ。空き缶に気付かずに歩いている時です。

    1. 返信遅くなってすみません

      確かに、顔のようなものが写ってますね…
      ここは岩肌で、ほぼ垂直に切り立った崖のなっていました
      霊がいてもおかしくない場所です

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です